通話録音装置 VR-D160

タカコム製 VR-D160 は通話録音装置。

スポンサードリンク

本体概要

記録メディア

記録はコンパクトフラッシュカードで、最大512Mまで使える。

アダプタ

駆動はDC9V/400mA。抜けを防ぐための溝がある。

録音の種類

VR-D160 は多彩な録音方法がある。また、設定や外部機器と連動させることもできる。

電話機と受話器の間に挟む

上記は電話機と受話器をつなぐコードの間にVR-D160を挟み込む方法。主にPBXで利用される。

電話回線と電話機の間に挟む

電話回線と電話機の間に挟みこみ接続方法。認証はA03-0037JP。

設置

本体の上にVR-D160を置くことができる。

設定

設定はこのパネルから行う。録音ボタンを押し忘れた際にも自動復帰する設定などもあるからマニュアルを注意深く読むとよい。

再生

録音データの再生は本体での再生とパソコン上からの再生ができる。

本体での再生

本体を操作して再生する場合の音量や再生速度、外部出力端子。

オプション

  • 取扱説明書(簡易)
    http://www.takacom.co.jp/product/dl/19-VR-D160.pdf
  • 取扱説明書(詳細)
    http://www.rusuden.jp/pdf/VR-D160torisetu.pdf
  • 取扱説明書ダウンロード|株式会社タカコム 通話録音(ボイスロギング)・留守番電話・転送(IVR)・お待たせ・緊急通報・放送装置等の通信機器メーカー

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です