[VMware] VMware vCenter Converter Standalone Client で変換する

VMware vCenter Converter Standalone Client を使ってVMware Server1 の仮想マシンを VMware Server2 で使えるようにする。似通った手順は以前も図解したが、およそ2年前のことだから改めて図解する。

以前の記事(抜粋)

以前はVMware Server1 の仮想マシンを VMware vCenter Converter Standalone Client を使ってVMware ESXi で使えるようにした。

スポンサードリンク

ダウンロード

※無償で利用できるがメールアドレスなどの登録が必要。
※Windows用のみ(試用したのは VMware-converter-all-4.3.0-292238.exe)

Download VMware vCenter Converter Standalone for P2V Conversion

インストール

好みの言語を選択する。ここでは日本語を選択した。(以前は日本語が無かったような気がする)

次へをクリックする。

次へをクリックする。

同意して次へをクリックする。

次へをクリックする。

次へをクリックする。

インストールをクリックする。

終了をクリックする。

使い方

ここでは冒頭に記載したとおり、VMware Server1 の仮想マシンを VMware Server2 で利用できるようにする。

VMware Server1 で使っていた環境

  • Windows98
  • WindowsXP
  • Windows2000

詳細については別の記事に記載するが、Windows2000 はVMware Server2でそのまま使えた。が、他はエラーとなったため、VMware vCenter Converter Standalone Client を使って変換する。

変換元(ソース)を選択する

仮想マシンの変換をクリックする。

ソースのタイプに「VMware Workstation またはその他の VMware 仮想マシン」 を選択し、参照をクリックしてVMware Server1の仮想マシンを選択する。

ソースの詳細を表示をクリックすると、選択した仮想マシンの情報が表示されるので、確認しておく。

出力(ターゲット)を選択する

今度は、どのような出力にするかを選択する。ここではVMware Server2の仮想マシンにしたいから、ターゲットのタイプに「VMware Workstation またはその他の VMware 仮想マシン」を選択し、VMware 製品の選択に「VMware Server 2.x」を選択する。仮想マシンの詳細には、任意の名前と、出力先を選択する。ファイルが複数になることもあるから、空フォルダを作成しておき選択するとよい。次へをクリックする。

次へをクリックする。

最終確認画面になる。特に問題がなければ終了をクリックする。

タスクを実行する

タスクに追加される。同時に複数のタスクを登録することができる。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です