右クリック(&スケジュール)でデータ抹消するフリーソフト – Eraser

ファイルを削除するとゴミ箱に入り、ゴミ箱を空にすると削除される。

shift キーを押しながら削除するとゴミ箱に入らずに削除する。

リカバリーやフォーマットを実行すると削除される。

しかし、いずれもファイルを復元することはできてしまう。重要なファイルを削除するには、あとで復元されないように特別な方法で削除する必要がある。

また、Eraser は空き領域を抹消する機能もある。これは、すでに削除されたファイルや(過去に利用されたが現在の)未使用領域に対して抹消を実行できる。

ダウンロード

スポンサードリンク

※Eraser 6.0.8.2273.exe を Windows7 SP1 64bit で試用した
※.net Framework が必要

インストール

Next をクリック。

ライセンス(GNU GPLv3)に同意する場合はNextをクリック。

Typical をクリック。

Install をクリック。

インストール中。

Finish をクリック。

使い方

スケジュール機能

スケジュール機能を利用すると、設定したドライブやフォルダを削除する。

シェル統合

右クリックしてファイルを削除する。

再起動時に削除もできる。ここで削除命令を出すと、削除タスクリストに入ったのち実行されるようだ。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です