音楽CDをパソコンに取り込む – CDex

CDexはオープンソースで開発されているマルチプラットフォームで動作する音楽CDを取り込むフリーソフトウェア。

◆ダウンロードとインストール

▲ここではWindows用を選択

スポンサードリンク

▲ダウンロードをクリック

▲保存(実行でも良い)

▲保存場所を指定

▲実行をクリック

▲実行する

▲次へをクリック

▲Japaneseを選択

▲次へをクリック

▲次へをクリック

▲次へをクリック

▲インストールをクリック

▲次へをクリック

▲完了をクリック

▲OKをクリック

◆初期設定

▲OptionsからSettingsを選択

▲取り込んだ音楽ファイルを保存する場所を指定する

▲使用するEncoderとその設定(ここでは128-128kbps/MP3/Limeとした。デフォルトで128-320kbpsとなっているが、320kbpsで取り込まれCPUの負担とファイルサイズが大きかった)

▲音楽CDからトラック名を検索すると自動で曲名がつけられる。必須項目のメールアドレスを入力する。Auto connext to ~をチェックしておくとCDを認識すると自動で曲データを探しに行く。

◆使い方

上記設定を行っていると、CDを挿入すると自動で曲名を探しに行くが、手動でCDDBへ接続する場合は以下の手順を行う。

▲CDDBからRead Remote freedbを選択

▲しばらくすると、Nextがクリックできるようになり、曲情報が表示される(もしくは見つからないと表示される)

▲右側の上から二番目のボタンをクリックするとMP3で取り込みを開始する

▲取り込み中

▲取り込み中(マルチプロセッサには対応していないのかな?ビットレートが大きいと、CDP使用率も上がるようだ)

◆エラー例

▲既にファイルが存在する、上書きしてもよいか

◆参考文献

◆ダウンロード

  • Browse CDex Files on SourceForge.net :
    http://sourceforge.net/projects/cdexos/files/
  • CDex-win32-1.70-b4-2009.exeをダウンロード – CDex – SourceForge.JP :
    http://sourceforge.jp/projects/sfnet_cdexos/downloads/cdexos/CDex%201.70%20beta%204%202009/CDex-win32-1.70-b4-2009.exe/

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です