phplist – オープンソース高機能メールマガジン

PHPやCGIで提供されているメールマガジン配信システムを探している時に、オープンソースで開発されているメールマガジン配信システムを見つけた。

高機能でSMTPにも対応している。様々なシステムでメールが関わってくるのだが、スパム対策などもありSMTPや送信認証は重要な機能だ。もちろんそれらに対応して「正しく」送信したにもかかわらず、スパムだと判定する過剰なシステムも多いから困ったものだ。

.htaccessファイルが付いているが、テストしたさくらインターネットは.htaccessに記述できるものの制限が多いため500エラーになった。これを削除したところ動作した。

受信者側のヘッダは次のようになった:

スポンサードリンク

Return-Path: <送信者さくらアカウント@www****.sakura.ne.jp>
Delivered-To: 受信者アドレス
Received: (qmail 25089 invoked by uid 89); 5 May 2010 03:42:04 +0900
Received: from www***.sakura.ne.jp (219.94.***.***)
  by s***.coreserver.jp with SMTP; 5 May 2010 03:42:04 +0900
Received-SPF: none (s***.coreserver.jp: domain at www****.sakura.ne.jp does not designate permitted sender hosts)
Received: from www****.sakura.ne.jp (localhost [127.0.0.1])
 by www****.sakura.ne.jp (8.14.3/8.14.3) with ESMTP id o44Ig4pQ059***
 for <受信者アドレス>; Wed, 5 May 2010 03:42:04 +0900 (JST)
 (envelope-from 送信者さくらアカウント@www****.sakura.ne.jp)
Received: (from 送信者さくらアカウント@localhost)
 by www****.sakura.ne.jp (8.14.3/8.14.3/Submit) id o44Ig43Q059***;
 Wed, 5 May 2010 03:42:04 +0900 (JST)
 (envelope-from 送信者さくらアカウント)
To: 受信者アドレス
Subject: (no subject)
Recieved:
Date: Wed, 5 May 2010 03:42:04 +0900
From: Webmaster <noreply@****.jp>
Message-ID: <28065e6e17c8a6fcc49591e7a1958***@www.****.jp>
X-Priority: 3
X-Mailer: PHPMailer [version 1.73]
X-Mailer: phplist v2.10.9
X-MessageID: 3
X-ListMember: 受信者アドレス
Precedence: bulk
MIME-Version: 1.0
Content-Transfer-Encoding: 7bit
Status:  U
X-UIDL: 1272998524.25***.s***,S=1652
Content-Type: text/plain; charset=”iso-2022-jp”

※このテストでは、phplistを設置したのはさくらインターネットのドメインA、送信メールアカウントを持っているのはcoreserverのドメインB、受信者はcoreserverのドメインBの別アカウント、クライアントはOutlookExpress。ドメインBは旧ドメインで、ドメインAは新ドメイン。メールアカウントは旧ドメインから移動が完了していないだけで、別に怪しいことをしているわけではないぞ。

◆初期設定はconfigファイルで行う

◇日本語修正版では以下の記述があり、この記述をすることで受信したメールの文字化けが解消された。

オリジナル版の管理画面では、読める文字と文字化けしている文字があった。言語ファイルがEUCで作成されていたため、これをUTF-8にすると管理ページの文字化けの一部は解消したが、全ては解消しなかった。また、データベースの日本語と思われるものがUTF-8でテーブルが作成されているにも関わらず文字化けしていた。これは言語ファイルの文字コードを変更しても同じだった。日本語修正版ではこの問題は解決されていた。

mb_language(“Japanese”);
mb_internal_encoding(“UTF-8”);

◇読み込む言語ファイルを指定する

$language_module = “japanese.inc”;

◇データベースへの接続情報

$database_host = “localhost”;
$database_name = “phplistdb”;
$database_user = “phplist”;
$database_password = ‘phplist’;

◇設置パスの設定

$pageroot = ‘/lists’;
$adminpages = ‘/lists/admin’;

◇POP設定

$bounce_mailbox_host = ‘localhost’;
$bounce_mailbox_user = ‘popuser’;
$bounce_mailbox_password = ‘password’;

◇テストモードを解除する

define (“TEST”,1);

◇SMTPの情報

$phpmailer_smtpuser = ‘smtpuser’;
$phpmailer_smtppassword = ‘smtppassword’;

◆/lists/adminへアクセスする

▲データベースにテーブルを追加する

▲追加されたら、下部にあるセットアップをクリックする

 
▲メイン画面

参考文献

◆ダウンロード/公式サイト/日本語対応

◆ダウンロード/日本語・文字化け修正済み

関連記事

スポンサードリンク

Comments

2 Replies to “phplist – オープンソース高機能メールマガジン”

  1. phplistでshift-jisのcsvをインポートしたら文字化けしました、どうしたら修正できますか?

  2. 残念ながら存じません。

    ◇文字コードを変更する

    ◇ドキュメントやFAQを参照する

    phplist.com : Support : phplist Support :
    http://www.phplist.com/support

    ◇フォーラムに投稿してみてる

    phplist forums • Index page :
    http://forums.phplist.com/

    文字化けということなので、おそらく最も簡単なのは文字コードを変更する方法かなと思います。

    文字コードが変更可能なソフトウェアは //pc.casey.jp/http://triton.casey.jp/portable/ にいくつか紹介していると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です