NEC Express5800/S70 タイプRB を買ってみた(2)

前回の続き。電源を入れる。

BIOS

MAIN


初期状態ではSATA0 にHDD、SATA4 に光学ドライブが接続されている。Language は日本語にも対応している。


Windows7 SP1 64bit のガジェットで見ていると 1.17~2.79GHz までをこまめに切り替えている。

スポンサードリンク

Advanced


NumLock 設定など。ACPI はS3 対応。


メモリー設定。スロット1,3 に挿入してもDIMM1,2 と表示された。


PCI 設定。


オンボードビデオメモリーサイズは32、64、128MBが選択できる。


オンボードLAN のOn/Off ができる。


シリアルポートやSATA-RAID などの設定。ここではRAID を選択できないが、ジャンパーピンを設定することでRAID に対応させる方法もあるとか。


WakeOnLan(WOL) に対応している。また、指定時刻に電源を投入することもできた。

Security


セキュリティー関連設定。


電源復帰時の動作など。

System Health


オンボードLAN のMAC アドレスなどを確認できる。

Boot


Boot Priority は細かく設定できる。

Exit


Custom Defaults が目あたらしい。

メモリー追加

さて、元からある1Gのメモリーと、メモリセットでの1Gで2Gになったわけだが、足りない。


Transcend DDR3-1333 2GB 永久保証 JM1333KLU-2G2本購入。


サクっと本体に増設。


メモリーが6Gになった。

OS インストール

サクっとお好みのOS をインストールする。NAS にするもよし、IP-PBX サーバーにするもよし、Windows を使うもよし。それぞれのインストールについてはサイト内に記載しているので参考にされたい。

筆者は今回、Windows7 SP1 64bit をインストールして使うことにした。


頑張ったがいろいろ問題が出たので、新規インストールした。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です