[WordPress] サイト移転時の WP-SuperCache 設定修正

キャッシュして高レスポンス低負荷にするWordPress プラグイン「WP-SuperCache」は、高機能なことやサーバーによっても設定が異なるため、なれるまで設置が難しい。

また、設置パスが変更になった際には、ファイルを修正しなければならない。これはその備忘録。

設置パスを変更した時のファイル修正

正常動作例


<!-- Dynamic page generated in 1.038 seconds. -->
<!-- Cached page generated by WP-Super-Cache on 2011-08-27 07:31:23 -->
<!-- Compression = gzip -->


スポンサードリンク

エラー例


<!-- WP Super Cache is installed but broken. The path to wp-cache-phase1.php in wp-content/advanced-cache.php must be fixed! -->


対処法

サーバー移転をすると /wp-content/advanced-cache.php を書き換えなければいけません。
(「WP Super Cache を使っている WordPress をサーバー移転した時にする事 | ウェブル」より引用)

advanced-cache.php の修正


<?php
# WP SUPER CACHE 0.8.9.1
function wpcache_broken_message() {
if ( false == strpos( $_SERVER[ 'REQUEST_URI' ], 'wp-admin' ) )
echo "<!-- WP Super Cache is installed but broken. The path to wp-cache-phase1.php in wp-content/advanced-cache.php must be fixed! -->";
}

if ( !include_once( '/{この部分}/wp-content/plugins/wp-super-cache/' . 'wp-cache-phase1.php' ) ) {
if ( [email protected]_file( '/{この部分}/wp-content/plugins/wp-super-cache/' . 'wp-cache-phase1.php' ) )
register_shutdown_function( 'wpcache_broken_message' );
}
?>


圧縮とCPU、転送量の関係

# 負荷を下げるために有効なWP Super Cache だけれど、適切に動作していない場合、より負荷を高める結果になることがあるので注意しないと・・・

PHPでコンテンツの圧縮によるCPUと転送量への効果によると、面白いことに(CPU を使用して)コンテンツを圧縮したほうが、結果としてCPU 時間と転送量を減らすことができるのだという。WP-SuperCache にはコンテンツの圧縮も設定項目に存在する。

上手く設定し、組み合わせることで快適な閲覧かつ低負荷を得ることができる。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です