[CMS] Joomla! インストール&試用(Ver.1.7.0, 1.6.6)

ダウンロード

※Ver.1.7.0 と Ver.1.6.6 を試用した

インストール

ダウンロードしたファイルを解凍、FTP 転送し、トップURL にアクセスするとインストーラーが起動した。既に日本語が表示・選択されていた。次へをクリックする。

スポンサードリンク

様々なチェックが行われ、わかりやすく提示してくれる。上側にあるものはほぼ対応が必須で、下部のものは対応が望まれる。次へをクリックする。

ライセンスに同意できる場合は、次へをクリックする。

データベース接続設定を入力し、次へをクリックする。

初期状態でMySQLi が選択されていた。テーブルプレフィックスは自動生成される。また、以前のデータを削除するかバックアップするかも選択できる。これらの親切機能はテストの場合、とても助かる。

FTP 設定を入力することができるが、今回のサーバーでは必要がないため、次へをクリックする。

これも些細な事かもしれないが環境によってはとても助かるだろう。

サイト名称や管理者アカウント情報を設定する。

ここで注意するのはサンプルデータをインストールするかどうかを選択するのではなく、「今」サンプルデータをインストールするか聞かれていることだ。サンプルデータをインストールする場合は、次へをクリックする「前に」インストールしておく。

なお、ここでサンプルデータをインストールしたかどうかでどうやら以後の動作がすこしばかり異なるようだ。これが仕様によるものかどうかは不明。

セキュリティのためにインストーラーを削除するように提示される。

ボタンをクリックするだけで対象ディレクトリを削除してくれる親切設計。さらに、インストールディレクトリを削除するまで管理画面へアクセス出来ないというセキュアな設計だ。

このあと、ウェブサイトを訪れるか管理画面へアクセスするかを選択する。

管理画面へログイン

日本語でセットアップしても「サンプルデータをインストール」していない場合、どうやら英語環境になるようだ(前途参照)。

日本語化

言語ファイルのアップロード

公式サイトを読むと、バージョンアップの際は言語ファイルの更新も必要になるようだから、英語環境になってしまった今回、ここで日本語化する手順を学習しておく。

Extensions>Extension Manager を選択する。

公式サイトから言語ファイルをダウンロードしてきて、それを「解凍せずそのまま」アップロードする。

正しくアップロードできた。

言語ファイルの適用

アップロードしただけでは適用されないようだから、Extensions>Language Manager を選択する。

(ウェブサイトの)デフォルトの言語を日本語にする。

別のタブに見立てたリンクをクリックし、管理画面も日本語にする。

動作確認

ウェブサイト表示確認

サンプルデータをインストールしない状態。

記事更新の確認

標準で高機能なエディタが利用できる。驚くほど細かな設定があるが、それらは必須でないため容易に投稿できる。

ただし、Ver.1.7.0 はどうしても投稿時にMySQL のエラーとなる。しかし、投稿は行われており、MySQLへクエリ送信後の戻り値判定に誤りがあるのではないかと推測するが、公式フォーラムでは特に語られていなかった。もしかしたら、筆者環境でのみ表示されるエラーなのかもしれない。

表示されるエラーは次の通り:

次のエラーで保存に失敗しました: Access denied for user 'testjm'@'localhost' to database 'testjm' SQL=LOCK TABLES `trav9_categories` WRITE

(追記)さらに調査したところ、テーブルをロックするか何かの操作でエラーになるようで、レンタルサーバーなどの権限では運用が難しいのでは?とするウェブページを見つけた。

この問題はインストール時にMySQL を選択してもMySQLi を選択しても変わらず、またサンプルデータをインストールは問題なくできること、さらにその他の作業(記事の削除等)には特に問題がないようだ。

この場合、エラーを信じて何度も保存すると、連続投稿になってしまうので注意が必要だ。なお、念のためVer.1.6.6 でも試した見ることにした(後述)

デザインの変更

デフォルトで幾つかのデザインテンプレートがインストールされており、簡単に変更することができる。さらに、場所によってサイトの構成を大きく変えることも何のこともなくやってのけるCMS のようだ。

WordPress でもこれらの作業は可能だが、若干のプログラミングが必要になる。

Ver.1.6.6

前途のデータベース接続の問題を検証するためにVer.1.6.6 で動作確認を行おうとしたが、インストーラーが動作せず、次へをクリックしても画面が遷移しなかった。

サンプルデータをインストール

なぜかサンプルデータをインストールすると、日本語環境になる・・・インストーラーでの選択はあくまでインストーラーでの言語選択なのだろうか。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です