OpenX 2.8.2 – オープンソース広告配信システム 日本語標準対応

OpenXはオープンソース広告配信システム。しばらくぶりに見てみると、Ver.2.8.2になっていた。Ajaxが取り入れられ、標準で日本語に対応したらしく非常にスムーズだ。

スポンサードリンク

インストール

◇公式サイトからダウンロードする

OpenX. Build your business here. | OpenX :
http://www.openx.org/

◇解凍してFTPでアップロード

◇CORESERVERに導入してみる。

少なくとも /var に書き込み権限が必要。

phpのセーフモードがONなので.htaccessに以下を書く:

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

環境によっては以下のコードを追加しても良いかもしれない:

AddDefaultCharset UTF-8

インストールは特に迷うこともなく、すんなりいけた。
Warningがメモリ関係で出たものの、エラーではないし、どうしようもないのでそのまま進む。

初期設定

セキュリティーのために以下のファイルのパーミッションを400に設定する。
(DB接続情報等が記載されている。Webから設定変更する際などは一時的に600にするらしい。)

/foo.bar.com/www/openx/var/default.conf.php
/foo.bar.com/www/openx/var/YOURDOMAIN.conf.php

※phpAdsNewは旧名称
※OpenXは数千万、数億件を処理する能力を持っている非常に高性能なシステムだが、当然システム要求も大きくなる。本番稼動というかそれなりのアクセス数が予想される場合、レンタルサーバ等では共有ユーザに迷惑をかけることになるので、注意する。

参考文献

コメント