[SoundEngine Free] mp3を開きmp3で保存する

pc.casey.jp » 音声ファイルの波形編集が可能な高機能で使いやすいフリーソフトウェア – SoundEngine Free ではmp3ファイルの読み込みを可能にしたが、保存はできなかった。今回は保存ができるようにする。

準備するもの

gogo.dll

gogo.dllはwav/mp3のエンコード/デコードソフトウェア、午後のこ~だが生成するダイナミックリンクライブラリ(DLL)。午後のこ~だをインストールすると、通常は C:\Program Files\WinGOGO\ にインストールされている。インストールしていない場合には pc.casey.jp » 午後のこ~だ インストールと使い方 を参考にインストールしておく。

VBMP3.dll

VisualBasicからmp3ファイルを制御するためのDLL。ダウンロード方法などは pc.casey.jp » 音声ファイルの波形編集が可能な高機能で使いやすいフリーソフトウェア – SoundEngine Free を参照。

スポンサードリンク

通常の状態

何もしていない状態でmp3ファイルをドラッグアンドドロップしても読み込まない。

ファイルを開くにある拡張子リストにもmp3はない。

mp3読み込み、書き込みに対応させる

SoundEngine Free本体のあるフォルダにVBMP3.dllとgogo.dllを入れる。

動作を確認する

ファイルを開くのリストにもmp3が追加され、ドラッグアンドドロップにも対応する。

表示の通りmp3が開けた。mp3として保存する。

保存するファイルの種類にもmp3が追加されている。

品質を選択する。一度設定すると覚えておいてくれるようだ。通常128kbpsで問題ない。

正しく保存された。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です