[BaserCMS] BaserCMS をインストール

BaserCMS はCakePHP をベースとしてオープンソースで開発されたCMS 。

WordPress など高機能でたくさんのプラグインがあるシステムと違い、CakePHP であるからこそできることもあるのではないだろうか。だとすれば、例えば企業サイトのトップページなどをbaserCMS で作成しておき、必要な部分だけCakePHP として拡張できるかもしれない。それ以上のものを求めるなら適切なCMS などを適切な場所に配置すれば良いとおもう。

何となく長くなりそうだから、ここではインストールに絞る。

ダウンロード

スポンサードリンク

※CakePHP についてはこちらも参照 (サーバーごとの設置.htaccess などが参考になるかも)
※SQLite3 やCSV を利用する場合、データベースサーバを必要としない
※試用したバージョンは basercms-1.6.13.6

インストール

次のステップをクリックしてインストールを開始する。

ステップ2

ステップ2では基本必須条件の確認が行われる。

  • PHP 4.3.0 以上(テスト環境は5.3.3)
  • /app/config の書き込み権限
  • /app/config/core.php の書き込み権限
  • /app/tmp の書き込み権限
  • /app/webroot/themed の書き込み権限

※書き込み権限では、パーミッションのほかに.htaccess 設定も関わってくるかもしれない

  • /app/db の書き込み権限
  • PHP メモリの上限(最低16MB )
  • PHP セーフモード(セーフモードの場合はCGI モードにする必要がある)

ステップ3

ステップ3ではデータベース設定を行う。

ここではデータベースにMySQL を設定した。データベースはCakePHP 同様にプレフィックスに対応している。

設定が完了したら接続テストを行う。

データベース接続に成功すると次のステップに進むことができる。

ステップ4

管理者のメールアドレスと管理ユーザのアカウントを設定して完了する。

しばらくするとメールが送られてくる。

インストールの完了

インストールが完了した。

選択肢はトップページに移動するか、管理者ダッシュボードに移動するとなっている。

確認

トップページ

トップページを表示したところ。ところどころ文字化けしている。

管理画面

管理画面にもアクセスしたが当然こちらも文字化けしている。

これらの症状が出た際には、データベースの照合順序が正しく設定されていないので修正して再インストールすれば直る。

照合順序の修正後

トップページに移動して確認したところ、文字化けは解消した。もちろん管理画面も当然解消している。

スマートURL

スマートURL を利用するとわかりやすいURL でアクセスできるようになるもので、ほぼ必須と思われる。この設定には.htaccess が設置できることや書き込み権限等が絡んでくる。500 エラーになった場合にはその辺を確認すると良い。

設定は帯状に案内されるリンクか、システム設定から行う。

スマートURL をオンにする。デフォルトはオフになっている。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です