ハードディスクを安全に完全抹消するフリーソフト – Active@ KillDisk

以前、「ハードディスクを安全に完全抹消するフリーソフト – DBAN」を試用したが、今回はActive@ KillDisk を試用する。ちなみに、Active@ KillDisk は「Ultimate Boot CD (UBCD)」にも入っているようだ。

試用したバージョンは4.1 で、ISO ファイルから起動して試用した。

ダウンロード

Freeware Download Active@ KillDisk

スポンサードリンク

起動ディスク作成

ファイルを解凍するとシンプルに3つのファイルが出てくる。

  • !ReadMe.txt
  • BOOT-DSK.ISO
  • Iso-Burner.exe

Iso-Burner.exe を利用するとISO ファイルを書き込むことができる。

ちなみに、Windows7 にはディスクイメージファイルを書き込む機能が付いている。

使い方

使ってみた・・のほうが正しいかな。

起動するとソフトウェア選択画面が表示された。Active KILLDISK を選択する。

FREE 版は1Passのゼロクリアのみと表示されているっぽい。

セクタダンプ

Active KILLDISK の面白いところはFREE でありながらセクタダンプが可能なこと。(CTRL+S)

ファイル確認

対象パーティション内にあるファイルを確認できる。ただし、今回試用した環境はFAT でフォーマットされたもので、NTFS なども読めるかは確認していない。

パーティション削除

パーティションを選択してゼロクリアできるらしい。

ドライブ削除

今回はドライブを選択してゼロクリアする。F10 を押す。

最終確認として”ERASE-ALL-DATA”を入力する。

ゼロクリア中。

完了するとビープ音が鳴り、通知してくれた。

確認

セクタダンプを表示させると見事にゼロクリアされている。

パーティションも削除されている。

ESC キーでActive KILLDISK を抜ける。

メニューに戻った。

さらにESC で落としてもよさそうな表示になった。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です