JUST インターネットセキュリティをインストールしてみた

ジャストシステム社がセキュリティソフトを作り、さらに無料で利用できるバージョンもあるということなので試用してみた。

ダウンロード

JUSTインターネットセキュリティ│無料ウイルス対策、セキュリティ対策ソフト」からセットアップファイルをダウンロードして実行する。

スポンサードリンク

ファイルが解凍される。

「JUST インターネットセキュリティのセットアップ」をクリックする。

ちなみにテスト環境では「Microsoft Security Essentials」がインストールされていたが、「JUST インターネットセキュリティ」は検出して警告した。

次へをクリック。

使用許諾契約書に同意できる場合は同意するをクリックする。

次へをクリック。

インストールをクリックする。

インストールが完了するまで待つ。

完了をクリックする。

再起動する。

初回起動

パソコンを再起動すると、起動時にJUST インターネットセキュリティのスプラッシュが表示された。

無料なのは広告が表示されるからなのだが、スプラッシュから広告が表示されるとは(といってもSignalNowExpressなども同様の動きをするが)。

JUST インターネットセキュリティを開く。

インストールしたての状態では「定義ファイルが古い」のと「スキャンがされていない」ということで問題があると表示される。

OK をクリックする。

定義ファイルが更新される。

スキャンが開始される。

問題はなかったようだ。が、週一でスキャンするのは強制されるのだろうかというギモンは残った。過去にNorton AntiVirus などが取り入れていた手法だが、最近ではこれが採用されていない。

運用

定義ファイル更新とクイックスキャン

スキャンと更新の画面に戻った。

なんとなく定義ファイルの最更新を行った。というのは、Norton AntiVirus やWindows Update では一度ですべての更新が完了しないことがあるからだ。

ウィルススキャン

指定したファイルやフォルダを検査できる。

そのほか

オンラインアップデート

JUST オンラインアップデート というソフトが同時にインストールされていた。

ジャストシステム関連のアップデートはすべて担うのだろうか。Apple 社のそれを思い浮かべる。

アンインストール

JUST インターネットセキュリティ のアンインストールにはキャプチャが組み込まれている。また、上のJUST オンラインアップデート は削除されなかった。

関連記事

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です