OSFMount を使うと、以下の対応しているイメージファイルにドライブレターを割り当ててマウントすることができる、ということらしいので試用してみた。

対応フォーマット

  • Raw Image (.IMG, .DD)
  • Raw CD Image (.ISO, .BIN)
  • Split Raw Image (.00n)
  • Nero Burning ROM Image (.NRG)
  • System Deployment Image (.SDI)
  • Advanced Forensics Format Images* (AFF)
  • Advanced Forensics Format Images w/ meta data* (AFM)
  • Advanced Forensics Format Directories* (AFD)
  • VMWare Image (.VMDK)
  • EnCase EWF (.E01)
  • SMART EWF (.S01)

※読み込みのみなど制限があるものもある

ダウンロード

OSFMount – Mount CD and Disk images in Windows, ISO, DD」から(x64 なので「osfmount_x64.exe」)をダウンロードした。

スポンサードリンク

※Windows7 SP1 64bit で試用した

インストール

ダウンロードした「osfmount_x64.exe」(インストーラー)を実行する。

インストールする。

使い方

OSFMount を実行する。

起動した。File から開く。

「…」をクリックしてディスクイメージを指定すると、オプション設定やドライブレターの選択などを行う画面が表示される。

テスト用に適当なvmdk ファイルを読み込んでみる。

自動(Auto)で選択される。

HDD やCD/DVD-ROM 、FDD イメージに対応しているらしいことがわかる。また、リムーバブルディスクとして読み込むこともできるようだ。

リストに追加され、ディスクイメージファイルが仮想ドライブとしてマウントされた。

・・・あ、そうかLinux をWindows でマウントしてもファイルシステムの問題があった。すっかり失念していた。適当すぎた・・。

代わりにWindows7 にSP を当てたISO があったので、これを指定してみたところ、マウントできた。

もしiso だけで良いならシンプルな「WinCDEmu Ver.3.6」がおすすめかな。

参考文献

関連記事

Comments

スポンサードリンク

コメントする


すべての企業名および製品名は、関連するそれぞれの企業の商標である場合があります。