[cPanel] カスタム・エラーページを設定する

Bluehost などの海外サーバーでは、サーバー管理にcPanel が採用されている事が多いのだが、上記画像のようにBluehost の出力する404 ページは、Apache などで馴染みのある404 ページとは異なっている。

これをカスタマイズして任意のエラーページにしたり、とにかくBluehost であることを隠したり、あるいはエラーページにアクセス解析スクリプトを埋め込んで情報を取得するなどの手順を確認する。

スポンサードリンク

カスタム・エラーページを設定する

cPanel にアクセスし、Advanced > Error pages を選択する。

Step1 で対象サイトを選択肢、Step2 で編集したいエラーページを選択する。

標準では400, 401, 403, 404, 500 があった(タブを切り替えれば4-500 番台のページを編集できるようだ)。

404 の場合、標準では次のコードが404.shtml に記載されている。

<!-- SHTML Wrapper - 404 Not Found -->
<!--#exec cgi="/cgi-sys/fourohfour.cgi" -->

エディタを使って編集が完了したらSAVE をクリックする。なお、埋め込み用に以下の値が使える。

<!--#echo var="HTTP_REFERER" -->
<!--#echo var="REMOTE_ADDR" -->
<!--#echo var="REQUEST_URI" -->
<!--#echo var="HTTP_HOST" -->
<!--#echo var="HTTP_USER_AGENT" -->
<!--#echo var="REDIRECT_STATUS" -->

※見た感じリセットが無いので、バックアップを取っておいたほうが良いかもしれない

保存が完了したらアクセスして確認する。

動作確認

作業前

標準のエラーページ。

作業後

今回は文字だけを表示するようにしたので、これで成功。

# FTP で直接ファイルを編集してもたぶんOK。また、.htaccess も確認しておく。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です