仮想DVD/CDドライブ – DAEMON Tools Lite

動画編集ソフトウェアで作成したisoファイルなどは、ImgBurnなどで書き出すことにより、実際のディスクにすることができる。しかし、CD-RやDVD-Rは一度しか使うことができず、きちんと作成できたのかが心配だ。

ここではイメージファイルをマウント(使えるようにする)することで、仮想的にディスクが挿入することができるフリーソフトウェア「DAEMON Tools Lite」を利用する。

isoファイルなどのイメージファイルをマウントするということは、イメージファイルをImgBurnなどで実際のDVD-Rなどに焼き、DVDドライブに入れた状態を、実際にDVDを焼く事なく仮想的にエミュレートするようなもので、時間も作業もメディアも節約することができる。またハードディスクなどから読みだすため、高速に動作する。

◆インストール

▲言語の選択

スポンサードリンク

▲次へをクリック

▲同意するをクリック

▲無料ライセンスを選択して次へをクリック

▲必要なコンポーネントをチェックして次へをクリック

▲必要ない場合はチェックを外して次へをクリック

▲インストールをクリック

▲ここで再起動する

▲再起動後に仮想デバイスが追加され、インストールが完了する

◆起動

プログラムから開くか、ショートカットから実行すれば起動する

◆マウント

または

を実行し、イメージファイルを選択する

▲イメージファイルの選択画面

▲この例ではDVDビデオのisoファイルをマウントした。DVDドライブにDVDディスクをセットした時と同様に動作の選択を問われる。

◆アンマウント

または

◆終了

▲終了を選択する

◆設定

▲ここでは自動起動する必要がないのでチェックを外して適用をクリックした。自動マウントにチェックを入れておくと、次回起動した際に今使っているisoファイルを自動的にマウントした状態にしてくれる。常に同じディスクを使う(ノートPCでカーナビ用など)場合に重宝する。ただし、インストール用のCDやDVDとしてマウントしていた場合で、再起動直後に何かの作業をするようにセットされて再起動した場合、メディアのマウントが間に合わず、エラーが出ることがあるので注意が必要だ。

◆ダウンロード

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です