[Windows] WindowsXP サービスパック統合手順

先日Windows7 SP 統合を行った。今さらながらWindowsXP SP1 64bit が手元にあったので、これをSP3 にする作業のメモ。

この手のツールは様々なオプションや昨日の追加や削除ができるが、ここでは単純にサービスパックを当てることを目的にする。

今回はnLite というフリーソフトウェアを使用することにした。

ダウンロード

※nLite-1.4.9.1.installer.exe を WindowsXP SP1 64bit で試用した

.NET Framework が必要

スポンサードリンク

インストール

言語を選択してOK をクリック。ここではEnglish を選択した。

Nextをクリック。

ライセンスに同意できたらNextをクリック。

Nextをクリック。

Nextをクリック。

Nextをクリック。

Finishをクリックする。

使い方

nLite を開く。

言語をJapanese にして次へをクリック。

ちなみに対応しているのは次のとおり:

  • Windows 2000 (Pro, Server, Advanced)
  • Windows XP (Pro, Home, MCE, x64)
  • Windows Server 2003 (Standard, Web, Enterprise, x64, R2)

フォルダ作成

OK をクリックする。

適当にデスクトップにTMP フォルダを作成した。

日本語がパスに含まれるとダメらしい。

C ドライブ直下にTMP フォルダを作成しなおす。

すると、直下はダメと言われる。

ということで、直下のTMP 内にフォルダを作成する。

おっと・・。

最終的に c:\tmp\tmp になった。

インストールメディアの指定

インストールメディアはiso 形式で持ち合わせていたが、読み込めないらしい。

WinCDEmu を使ってサクっとマウントして読み込ませる。

プリセット

次へをクリック。

タスクの選択

ここでは「サービスパック」と「ブータブルISO イメージ」を選択して、次へをクリックした。

サービスパック

exe 形式のサービスパックを入手する。リンクが用意されているから便利だが、リンク切れなどもあった。

サービスパックをダウンロードする。

ダウンロードできたら指定する。

指定すると展開される。

合致しないものを指定されたときのエラー(たぶん)。

64bit 版だったことを忘れていた。それから、WindowsXP 64bit はWindows2003 と同系なことも忘れていた。さらに32bit はSP3 まであるが、64bit はSP2 が最新のようだ。ダウンロードの詳細 : Windows Server 2003 Service Pack 2 for x64 Editionsから 「XPXP3-WindowsServer2003.WindowsXP-KB914961-SP2-x64-JPN.exe」 を取得した。

改めて読み込ませる。

統合が開始される。

統合が完了した。

次へをクリック。

ブータブルメディア作成

ラベルを指定してISO作成ボタンをクリック。直接書きこむこともできるようだ。

適当な名前をつけて保存する。

ISO 作成(あるいは書き込み)中。

次へをクリック。

完了をクリック。

確認

作業前。

作業後。作成したiso ファイルから起動でき、サービスパックが当たっている。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です