WindowsXP ntp 時刻同期コマンド

ここのところ時刻のズレが大きくなってきた。なぜだろう。(Windows標準以外でも)自動補正しているのに。そこで、ここではWindowsXPを例にntpと同期して時刻を更新する手順を確認する。(専用のソフトウェアもあるがここでは触れない)

スポンサードリンク

現在値の確認

>net time /querysntp
現在の SNTP 値: ntp.nict.jp,0x1

コマンドは正常に終了しました。

更新の種類と方法

時刻の手動更新

>w32tm /resync
再同期のコマンドを送信:  local computer…
コマンドは正しく完了しました。

時刻の自動更新を実行するコマンドファイルを作る

コマンド例:
C:\WINDOWS\system32\w32tm.exe /resync

時刻の自動更新間隔を変更する(上級者向け)

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM
¥CurrentControlSet
¥Services
¥W32Time
¥TimeProviders
¥NtpClient

SpecialPollInterval=dword:604800(10進;7日)
SpecialPollInterval=dword:7200(10進;2時間)

確認とNTPサーバー一覧

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です