ジャンボフレームとは

ジャンボフレームとは過去の遺物を払拭するための技術。

スポンサードリンク

さかのぼれば同軸ケーブルでトークンリング方式で誰がデータを送信するのかを決めていた時代があった。これは同軸ケーブルの物理的な回路が一つしかないためで、現在主流のものは少なくとも2つの回路がある。データの受信と送信をそれぞれの回路で行う。これをFullDuplex(全二重通信)という。

ところで、同軸ケーブルを使っていたような時代はそれぞれのコンピュータどうしを長い間接続しておくと、ほかのコンピュータが通信できないという問題があった。このめたに、1518バイトまでの通信で一区切りをつけていた。しかし、現在の大量通信ではかえってネットワーク機器を通過する度のロスが多くなってきた。この問題を解決するためにジャンボフレームを導入し、一度に多くのデータを送り、これを新しい一区切りとしたものである。

※通信途中にジャンボフレーム未対応のものが含まれたり、そもそもNIC(NetworkInterfaceCard)がジャンボフレームに対応していない場合はこの機能が有効にならない。
※ジャンボフレームはきちんと規定されていないため、ベンダーによって8000~16000バイト程度で通信が行われるようだ。この場合、受信側に(小さい方に)フレームサイズが合わせられることになる。

参考文献:

oldId.20080708141139475

関連記事

スポンサードリンク

Comments