[VMware] VMware Server2 簡単にアクセスする方法いくつか

VMware Server2 は、VMware Server1 などを使っていたものにとって、ある意味でも衝撃的だ。VMware Server2 は WEB UI(VMware Infrastructure Web Access) を採用している。これによるメリットも十分あるのだが、動作が快適でないことを理由に嫌われることが多い。

参考文献かどこかにも「初期の起動画面が見られない」とあった。起動直後やBIOSを確認することが難しい。また、なにより起動するまでが非常に遅い。そして、Firefox 3.6 で利用ができないからInternetExplorer を使用することになるが、InternetExplorer のメモリを貪り食うそれは、見過ごすことが難しい。

もう少し快適に利用する方法はないのか調べてみた。

スポンサードリンク

WEB UI を使う(標準)

タブにコンソールとあり、何かをインストールすると見られそうな画面。少なくとも VMware Server1 を使ったことがあれば騙されたハズ…。コンソールはこの画面上では表示できず、この画面をきっかけにして立ち上げることができる。

→ pc.casey.jp » [VMware] VMware Server2 初回電源投入

ところが、起動までの時間や手間を考えるとVNCなど遠隔操作可能な状態にしておくほうが楽だ。

→ pc.casey.jp » 無料でパソコンを遠隔操作する(UltraVNC)

電源を常に入れている仮想マシンでない場合は、マジックパケットを送信して起動するのも良いかもしれない。が、試したことはない。

→ pc.casey.jp » パソコンの電源制御

サーバー系の場合はコンソールをほとんど見ることはないだろうから、SSHで通常通り操作すれば良い。

→ pc.casey.jp » Windows上でSSHクライアントを使う – Tera Term Pro

ショートカットを作成する(標準)

WEB UI(VMware Infrastructure Web Access) の右画面に 「Generate Virtual Machine Shortcut」 というリンクがある。これをクリック。

お気に入りに入れる場合だろうか、長いURLが表示される。その下に 「Install Desktop Shortcut to 仮想マシンの名前」 というリンクがある。これをクリックする。

Create Shortcut をクリックする。

デスクトップにショートカットが作成される。

作成されたショートカットを開くと「Username」と「Password」を求められる。

稼働中のマシンにWEB UI を経由するより早くアクセスできる。遅いのはかわりないけど…。

ところで、電源が入っていない仮想マシンのショートカットを開いたらどうなるのだろうか。結果は画像のとおりで電源を入れてくれる。ここだけは便利だと感じた。ただし、毎度ユーザ名とパスワードを入力する必要がある。(WEB UI からConsole を起動した場合は必要ない)

調べてみると C:\Program Files\Common Files\VMware\VMware Remote Console Plug-in\vmware-vmrc.exe に引数を渡しているようだ。引数は「-h 192.168.1.14:8333 -M 64」などとなっていて、コマンドラインから使用する場合と似ている。

-h はホスト、-M はメモリ量と連動しているように感じたのだが参考文献によれば仮想マシンの16進数IDだそうだ。残念ながらWindows からは -u ユーザ名 -p パスワード を指定してもエラーとなる。Linux からは認証なしに(セキュリティ上の懸念は別として)行けるようだ。

VMware Infrastracture Client を使う

VMware Infrastracture Client を使う方法。VMwareESXi に付いてくるらしい。が、

VMwareServer2のインストール先にVIC が置いてありました
(「きちせのさいと – VMwareServer2 Webコンソールのイライラを解消」より引用)

と嬉しい記載。けれど見つからず。Windows版だけなのかな。接続先は「https://localhost:8333」と指定するらしいです。

VMware Server 2.0の配布物に含まれています
(「VMwareServer2VIClient – アクセンスのおまけ」より引用)

ともありましたが、「https://サーバのDNS名:8333/client/VMware-viclient.exe」にも見つからず。

参考過去記事

VMware Server1 のコンソールは使えなかった

前バージョンだから少しくらいは行けるかな、と思ったがいけそうになかった。

VMwarePlayer を使う

VMware Playerをリモートコンソールとして使う – adsaria mood

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です