Windows HDD 空き領域を使えるようにする

容量の大きな新しいハードディスクに、これまでの環境を丸ごとコピーすると空き領域ができる。容量は余っているのにアクセス出来ない部分だ。これをアクセスできるようにする手順を図解する。

※単一ドライブとしてパーティションを拡張する場合は Windows7 で簡単にHDD 容量拡張 を参照

マイコンピュータを右クリックし、管理を選択する。(コントロールパネル>システムと辿る方法もある)

コンピュタの管理からディスクの管理を選択し、未割り当て領域を右クリック、新しいパーティションを選択する。

スポンサードリンク

新しいパーティションウィザード

新しいパーティションウィザードの開始が表示される。次へをクリックする。

プライマリパーティションを選択し、次へをクリックする。

次へをクリックする。(ここでは空き領域を全て使う)

次へをクリックする。(ここではドライブ文字をSとした)

このパーティションを以下の設定でフォーマットするを選択し、ファイルシステムをNTFS、 アロケーションユニットサイズを既定値、ボリュームラベルはそのままの状態で、次へをクリックする。(ここではクイックフォーマットにチェックを入れた)

設定内容の確認が表示される。完了をクリックすると処理が実行される。

ディスクの管理の空き領域だったところがSドライブ変わり、フォーマット中となる。

正常と表示されたら完了だ。

マイコンピュータを開くと先ほど作成したボリュームが表示されている。これで空き容量が新しいハードディスクとして利用できるようになった。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です