[VMware] VMware Player インストール(図解)

VMware Player のインストール方法を図解する。

VMware Player は仮想マシンを動作させることができるフリーソフトウェア(登録が必要)で、現在のVMware Player は、作成済みの仮想マシンを使用するだけではなく、仮想マシンを作成することもできる(ようになった)。

ダウンロード

VMware Player :簡単に仮想マシンを実行できる無償ソフトウェア

スポンサードリンク

インストール

次へをクリックする。

次へをクリックする。

次へをクリックする。

次へをクリックする。

次へをクリックする。

続行をクリックする。

インストール完了まで待つ。

今すぐ再起動をクリックする。

VMware Player の起動

VMware マスター・エンド・ユーザー・ライセンス契約に同意できたらOK をクリックする。

現在のVMware Player は、作成済みの仮想マシンを使用するだけではなく、仮想マシンを作成することもできる。

対応しているファイルは次のとおり:

  • *.vmx VMware 構成ファイル
  • *.vmc Virtual PC/Virtual Server ファイル
  • *.sv2i Symantec Backup Exec ファイル
  • *.spf StorageCraft ShadowProduct ファイル
  • *.tib Acronis True Imageファイル
  • *.ovf, *.ova Open Virtual Machine Formatイメージ

VMware Remote Console として使う

pc.casey.jp » [VMware] VMware Player を VMware Remote Console として使う に記事分割しました

※Windows7 SP1 x64 でVMware-player-3.1.3-324285.exe を試用した

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です