Seagate HDD の FW をアップデートする

Seagate (シーゲート)製ハードディスクの検査ツールが幾つかある。ファームウェアに問題があると教えてくれる。もしくはウェブサイトで確認する事ができる。

問題がある場合の例

SeaTools for DOS でファームウェアに問題があると表示された例

スポンサードリンク

SeaTools for Windows でファームウェアに問題があると表示された例

Drive Detect でファームウェアに問題があると表示された例

ファームウェアのダウンロード

今回の例では ST3500620AS に乗っている SD15 というファームウェアに問題があるらしい。今回の場合、ウェブサイトからシリアルナンバーでチェックするとOEM だからそっちに連絡して、と表示される(と思い込んでいる)がそんなことはしていられないし出来る状態ではない。

よくよく探すとMooseDT-SD1A-2D-8-16-32MB.ISO をダウンロードできる。

ダウンロードしたiso イメージファイルをCD に書き込む

    参考:

    CD から起動する

    作成したCDをドライブにセットする。

    CDから起動する。

    ファームウェアのアップデート

    起動後の画面。F10 を押すと先に進むらしい。

    なんと!自分でハードディスクの型番を検出してくれないらしい。

    Sでスキャンし確認することができる。

    確認したら対象ドライブをA-Cから選択する。今回はBを選択する。BIOS のアップデートと表現が違いダウンロードと書かれているから戸惑った。(ダウンロードする、ではなくダウンロードした、という意味なのかな)

    ファームウェアのアップデートが完了したら電源を切る。なにかキーを押すと電源を切ってくれる。この時、CTRL+ALT+DEL で再起動してはいけないと警告されるので注意する。

    確認

    Windows7 での例だが新しいハードウェアとして認識するのか再起動が必要だった。

    Drive Detect で再度確認すると問題ないようだ。

    関連記事

    スポンサードリンク

    Comments

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です