Microsoft製 Office 最新版をいつでもどこでも無料で使う

以前、Microsoft Office 2010 のインストール方法を書いたが、常に最新版をインストール不要で無料で使う方法もある。

  • インストール不要
  • 無料
  • 最新版
  • Microsoft 製
  • インストールタイプのすべての機能が使えるわけではないが、ポータブル版、ライト版と考えればよく、十分使える

必要なものは特に難しいことはない。

  • インターネット
  • WindowsLive ID
  • 対応ブラウザ

その他の選択肢が必要な場合はOpenOffice などを検討するとよいだろう。

利用はこちらから

Office Web Apps – Microsoft Office

スポンサードリンク

Word と共通機能

ワードは言わずと知れたワープロソフト。

最初に名前をつけさせられるのはGoogle と対照的。

クリップアートも使えるし、パソコン内の画像も利用出来る。

画像の大きさ調整もクリックひとつで大きくも小さくもできる。

テストしてみたところ。フォントやフォントサイズなど基本機能は問題なく使えた。

印刷を実行する。

印刷はGoogle 同様にPDF 形式で出力される。そのためAdobe Reader 等が必要。実際の紙に印刷する場合はPDF から印刷するが、そのまま共有したりメールで転送したりしたほうが手っ取り早い。

Excel

エクセルも言わずと知れた表計算ソフト。

当然だが表も作成できる。

PowerPoint

パワーポイントはプレゼンテーションソフト。

デザインを選択して作成できる。

テストしたところ。

OneNote

ワンノートは複数の複合的なメモを取ることができるソフト。

ドキュメント

ドキュメントは基本的にSkyDrive に保存される。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です