[Linux] UNEXPECTED INCONSISTENCY の対処

ぼーっとしていると、突然、自作の監視スクリプトから警告が出た。

今回は Ubuntu Server 64bit 上の VMware Server2 内の CentOS 仮想マシンだったから、VMware Infrastructure Client からコンソールを表示する。

/dev/VolGroup00/LogVol00: UNEXPECTED INCONSISTENCY; RUN fsck MANUALLY.
 (i.e., without -a or -p options )
 [FAILED]


突然電源を落としたわけでもなく、思い当たるフシがないときに表示されるファイルシステムのエラーは冷や汗モノ。

スポンサードリンク

今回はVMware Server2 の仮想マシンだから、ホストOS に接続して「sudo cp SVVCO501/ SVVCO501bak/ -rv」など適当なコマンドでバックアップしておく。物理サーバーの場合はAcronis True Image などでバックアップしておく。

以下のコマンドで神頼み。

# fsck -t ext3 /dev/VolGroup00/LogVol00


ひたすらYes …。

今回はなとか修復できた。起動してチェックしたところ、MySQL のテーブルがおかしなことになっていたから、修復コマンドで直した。

危ない危ない…。

※通常、VMware Server2 は VMware Remote Console からのアクセスになるが、Windows7 64bit 環境では正しく動作しないから、VMware Player を使うか VMware Infrastructure Client からアクセスする。詳しくはサイト内別記事を参照。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です