[Linux] RT57i をシェルからシリアル通信で再起動する

さて、計画停電(輪番停電)だが、最近行われない。気候に助けられている部分もあり、気を許すと夏にひどい目にあうかもしれない。

これまで次のようにしてきた:

  1. UPS をApcupsd で監視・ネットワーク共有し、
  2. 定義した停電状態(瞬電や短い時間の停電はUPS で乗り切る)に達したらVMware やその他の端末を自動的に安全に終了し、
  3. UPS をシャットダウンし、復電を待つ
  4. 復電したら、定義した充電状態(バッテリーの充電が浅いと機器が起動したときにUPSが落ちるかもしれないから)になるまで待機し、
  5. 安全に起動できる状態になったらUPS を起動し、
  6. telnet でRT57i を再起動し、
  7. 起動した旨を管理者に通達し、
  8. DDNS を更新する

復電した際の起動順序もあるのだろうが、様々ある機器のうち RT57i だけが復帰できなかったから telnet で強制的に再起動させていたが、その後のテストで telnet すら受け付けない状態になることがあるのを発見した。

この状態でも、RT57i はシリアル接続は生きていることがわかったから、RS232-C ケーブルでを接続、USB 変換してWindows 端末からハイパーターミナルもしくはTeraTerm で再起動させることに成功した。(変換ケーブルはこれが使えた

今度はこれをLinux(Ubuntu)が自動的に行うようにしなければならないし、ネットワークが正常なのかどうかも判定させなければならない。

スポンサードリンク

期待する動作は次のとおり:

  1. 起動時かcron で周期的にRT57i にネットワーク通信ができるか試みる
  2. 通信が確立できないときはシリアル通信を開始してRT57i を再起動させる

ネットワーク通信ができるかの判定

まず、RT57i の状態。停電から復帰すると、なぜか電源のOn/Off が必要になる。この時、RT57i に設定してある 192.168.100.1 と通信できないが、シリアル通信はできる。

今までtelnet で再起動させていたが、RT57i に接続できないからネットワーク経由では何も出来ない。できないときに限ってシリアル通信で再起動させるわけだから、「通信できるか」と「再起動」を分けて考える必要がある。

いろいろ探してみた結果、次のコマンドが良さそう。

ping -w 1 $ip | grep ‘パケット損失 100%’ > /dev/null && echo $ip && echo $ip | mail -s ‘ALERT server down!!’ < Your mail address >
(「Kozupon.com – 簡単サーバ監視シェル「監視君」の利用!」より引用)

検証スクリプト

rt57i-net.sh

#!/bin/sh
echo "---------------------------------"
echo " RT57i Restarter for Serial port"
echo "---------------------------------"
# init

addr=192.168.100.100
#addr=192.168.100.111

# ping check
ping_check(){
 ping -w 1 $addr | grep '100% packet loss'>/dev/null  && return 1
 return 0
}

#
# main
#

echo " - pinging..."
ping_check

if [ $? = 1 ]
then
 echo " - Network Status [ FAIL ]"
 `kermit rt57i-s2.macro`
else
 echo " - Network Status [ O  K ]"
fi

exit 0


テスト

$ sh rt57i-net.sh


これを起動時やcron で実行させれば問題解決となるかな。。。

※機器の起動順序を云々するなら、インテリジェントなUPS などを使うと制御できるが…¥
※この手の不具合は再現させるのが難しい。一発勝負的な要素も…。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です