CubePDF で簡単にPDF 変換

CubePDF は仮想プリンタ方式のPDF 変換フリーソフトウェアで、2010年 窓の杜大賞で銀賞を受賞した。

  • 仮想プリンタ方式とは、通常のプリンタ同様に印刷する手順を行うだけでPDF 変換してくれるソフトウェア
  • CubePDF はフリーソフトウェアでライセンスはGNU GPLv3
  • Microsoft .NET Framework 2.0以上が必要
  • WindowsXP 以降に対応

ダウンロード

スポンサードリンク

インストール

ダウンロードしたファイル(執筆時 cubepdf-0.9.3.1b.exe )を開く。

次へをクリック。

GNU GPLv3 ライセンスに同意できる場合は、同意して次へをクリック。

次へをクリック。

次へをクリック。

次へをクリック。

※この例ではインストールしなかった

インストールをクリック。

完了をクリック。

※この例ではCubePDF ユーザマニュアル.pdf の表示 のチェック外した

確認

Windows7 の場合、デバイスとプリンタを参照するとCubePDF が追加されていることを確認できる。

使い方

使い方は通常のプリンタと同じ。印刷(PDF化)したい時に印刷作業をすれば、上図のような変換設定画面が出る。変換ボタンをクリックするだけでPDF 化が完了する。

※Windows7 SP1 64bit で試用したのだが、気づかずに32bit 版をインストールしていた。解説中の図は32bit 版のものである。その後「64bitネイティブ版はこちら」のリンクに気が付きインストールし直した。

ダウンロード

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です