IE10/IE9/IE8/IE7/IE6/IE5.5 全部試せるフリーソフト

imode.net はどれだけ月日が経とうとも相変わらずうんこだ。

ほとんど imode.net のためだけにInternet Explorer が居る。それでもその挙動や方針には全く同意できるところが見つからない。にもかかわらずimode.net を使わなければならない上に、利用料を支払うことを強要する恐ろしいサービスだ。

今回、Internet Explorer9 の試験をVMware で行い、いよいよ本番環境にも導入した。ところが、imode.net はInternet Explorer9 やその他自分らが気に入ったブラウザ以外を拒否する。さらに、拒否したことさえ明示しない。

そこで何か対処する方法はないかと探してみると、素晴らしい物を見つけることができた。それが IETester というテスト用ブラウザだ。フリーソフトウェアで、インストールすることで利用できる。

ダウンロード

※ IE10 preview, IE9, IE8, IE7 IE 6 and IE5.5 on Windows 7, Vista and XP

インストール

ダウンロードしたセットアッププログラムを起動するとライセンスに同意するか尋ねられる。同意できる場合は I Agree をクリックする。

スポンサードリンク

Next をクリックする。Language に日本語も含まれるようだ。

Install をクリックする。

使い方

すべてのバージョンで開く

任意のバージョンのInternet Explorer でページを表示できるらしい。とりあえずこのサイトをすべてのバージョンで開いてみることにする。

アドレスを入力する。

Internet Explorer5.5

Internet Explorer6

Internet Explorer7

Internet Explorer8

Internet Explorer9

Internet Explorer10

imode.net を試す

Internet Explorer9

確かにInternet Explorer9 で開いたときのように真っ白画面になる。

Internet Explorer8

利用できることが分かっているInternet Explorer8 で開いてみると利用できた。素晴らしいソフトウェアだ。

※Windows7 SP1 64bit で試用した。影響するかどうかは不明だが、このパソコンにはInternet Explorer9 が導入されている
※今回の使い方は、おそらく本ソフトウェアの本来の目的とは違うものと推察する

やっぱダメだわw

その後試験をするもimode.net のみ動作不良を起こした。また、改行やクリップボード関連の操作ができなかった。

問題の署名:
 問題イベント名:    BEX
 アプリケーション名:    IETester.exe
 アプリケーションのバージョン:    0.4.10.0
 アプリケーションのタイムスタンプ:    4db34288
 障害モジュールの名前:    8shtml.dll_unloaded
 障害モジュールのバージョン:    0.0.0.0
 障害モジュールのタイムスタンプ:    49b3aeb3
 例外オフセット:    5842c317
 例外コード:    c0000005
 例外データ:    00000008
 OS バージョン:    6.1.7601.2.1.0.256.1
 ロケール ID:    1041
 追加情報 1:    0a9e
 追加情報 2:    0a9e372d3b4ad19135b953a78882e789
 追加情報 3:    0a9e
 追加情報 4:    0a9e372d3b4ad19135b953a78882e789

追記

IE6 で同じ操作を行い、経過観察したところ、上記問題は発生しなかった。しばらく様子をみる。

ポータブル版

ポータブル化するには、単純にインストールしたIETesterをコピーするだけです。デフォルトのインストール先は下記。 C:\Program Files\Core Services\IETester IETesterフォルダごとごっそりUSBメモリーにコピーすればOKです。
(「IETesterをUSBメモリーで持ち歩けるようにポータブル化 | kotaログ」より引用)

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です