GoogleSites / GoogleApps を独自ドメインでアクセスする

GoogleSites

GoogleSites はGoogle の提供するホームページ作成サービス。標準的なGoogle アカウントのほか、GoogleApps でも利用できる。

サイトは幾つも作ることができ、アクセス可能な範囲を設定することもできる。ただし、Standard の場合、フッタは削除できないらしい(= Powered By Google などがある)。

標 準では //sites.google.com/a/example.com/ となるが //ggl.example.com/ のようにサブドメインでアクセスできるようにする。この場合、http://sites.google.com/a/example.com/ggl/ とするらしい。

DNS にCNAME レコードの追加

GoogleApps を利用する場合は恒例となるDNS レコードの操作。以下を追加する。

  • cname ggl ghs.google.com.

この追加によって//ggl.example.com/ にアクセスした場合、ghs.google.com に転送される。

スポンサードリンク

サイトのURL を変更

DNS の設定で転送先されるGoogle がこれから作成するサイトを表示してくれればOK なわけだ。

DNS 設定が正しくなされているか確認される。

確認されると、//ggl.example.com/ がURL として表示される。これをクリックしてhttp://ggl.example.com/に移動する。すると即座に http://sites.google.com/a/example.com/ に転送された。ここまでは期待通り。

サイト作成

では早速サイトを作成してみる。

適当テストなのでこれだけで良い。

マッピング

作成したサイトとアドレスのマッピングを行う。

このマッピングによって //sites.google.com/a/example.com/ggl/ ではなく、http://ggl.example.com/ として表示してくれるようになる。

ところが、「既に使用されている」となってしまう。うーむ??参考文献ではwww を使った時にうまく行かないようなことが書いてあったのでggl にしてみたのだが、使われているとはどういうことだろう?

暫くハマったので更に探すと、わかった。たしかに既に利用していた。

//sites.google.com/a/example.com/ を http://ggl.example.com/でアクセスできるようにした。なるほど。

マッピングとは、アドレスとサイトをマッピングすることであって、先ほど行ったURL の変更はサービスへのアクセスURL の変更だったようだ。ということで、一旦デフォルトに戻す。(もし、//sites.google.com/a/example.com/ のようにGoogle のドメインが表示されることを嫌うなら、http://webctrl.example.com/などとしてアクセするようようにDNSに CNAME レコードを追加してやれば良い)

再度行うと「すでに利用されている」という表示はなく、設定できた。なるほど~。

ここでもCNAME の確認がでた。本来はここだけでよかったのだろう。

確認

さて、http://ggl.example.com/にアクセスして、先ほど作成したテストサイトが表示されればよい・・・のだが、ページ一覧が表示されてしまった。あらら?

参考文献に転送されてしまうのは公開していないからというのがあったのを思い出した。設定を変更してみよう。

どうやらデフォルトでは公開になっていなかったようだ。

再度アクセスすると!!できた。

バックアップ

Google のファイルシステムは信頼できると思っているが、突然アクセスできなくなるかもしれないし、アカウントがなくなってしまうかもしれない。やはり、バックアップについても少し調べておこう。

なんとなくだけど、これらのツールやその他の記事(wget を使う方法など)を見ていると、GoogleSites を使って静的ホームページ作成ツールとしても使えてしまいそうな気がしなくもない。

※バックアップについてはバックアップ・リストアどちらも試していない

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です