WP Super CacheとAPCで「真っ白」になってしまう

XWSS018446_s4

WordPress の高速化にはいくつもの選択肢があるが、キャッシュ系プラグインを導入するというものがある。その代表的なものに「WP Super Cache」があるのだが、これがなかなか曲者だ。

スポンサードリンク

「WP Super Cache」に限らず、キャッシュ系プラグインは、引越しなどにも多大に影響する事もあるし、正しい手順で無効化して削除したにもかかわらず(パーミッションの影響などではなく、お行儀的なものと思うが)WordPress の機能を置き換えるための定義ファイルが残っていたりとやっぱり曲者だ。

extension=apc.so

今回は、あるサーバーにAPCをインストールして有効化したところ、「真っ白」な画面が表示されてしまった。これがどうもよくわからなくて、動作が不安定というか、特定の操作をした時に限って「真っ白」になってしまうというか、おかしな動作をしていた。

extension=apc.so
apc.stat = On

参考文献によると、上記のようにして解決したというものが合ったので試したが、状況は変わらず。

extension=apc.so
apc.filters = "wp-cache-config"
apc.include_once_override = 0

また別の参考文献を参考に、上記のように変更したが、状況は変わらず。

どうやら上記の対処が主なようで、それ以外の対処はあまり出て来なかった。なので、以下のように合わせ技を使ってみたが、状況は変わらず。

extension=apc.so
apc.stat = On
apc.filters = "wp-cache-config"
apc.include_once_override = 0

キャッシュ系プラグインを変更するとか、APC一本に絞り、キャッシュ系プラグインを削除するのもひとつの方法かもしれないが、遭遇した直後に決断できるものではなかったので、結局のところ、該当するウェブサイトに限って、APCを無効にした。

; extension=apc.so

今回のウェブサイトでは、キャッシュよりもプリロードの機能を利用したかったので・・。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です