[MIDI] 高機能MIDIシーケンサ – Domino

Domino は、ピアノロール型の高機能で使いやすいMIDI シーケンサー。

特徴

対応フォーマットはdms と mid。midi形式での書き出しは「SMF書き出し」と表記されている。

スポンサードリンク

このソフトウェアは少し使うとよく出来ていることがよくわかる。値の加減はマウスの左右クリックに対応している。また、譜面を使って作曲することと比べると、まるでGUIでゲームを楽しんでいるような感覚さえ覚える。

もっとも気に入った点はオクターブ移動ができること。オクターブに限らず、自由に上下左右移動でき、例えば一般的なソフトウェアでは数値入力でしかできないが、Dominoでは音量も「ペイント」を使って自由に調整できる。さらに、インストーラーを使用しないため、ポータブル版として持ち運ぶこともできる。

Domino には楽譜印刷機能やWAVファイルでの書き出しは搭載していないが、前者は Score Grapher ViewMID2PRNを使えば解決でき、後者は♪超録や、RadioLine Freeなどを使えば実現できる。

初期設定

外部音源を使わない場合

環境設定 >MIDI-OUTを開きポートAに

  • MIDI OUT デバイスにMicrosoft GS Wavetable Synthを選択
  • 音源にGSmを選択

外部音源を持っている場合

定義ファイル (XML ファイル)を入手できたら、本体実行ファイルのあるModuleフォルダ内にコピーすればよい。定義ファイルは公式サイト内からリンクされている。また、定義ファイルは自作することもできる。

スクリーンショット

ダウンロード・公式サイト

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です