世界時計で世界と己の恥を知る

以前、世界時計が必要だと書いた。様々な理由があるのだけれど、Goolge Adsenseのレポート確認もそのひとつ。

JST(日本標準時)で17時頃確認すると良いことはなんとなくわかっていたし、リズム的にその辺で一度確認していた。ある意味野生の勘。

時差があることは承知していたけれど、どの時間を採用しているのかを正確に把握しているものではなかった。なんとなく調べてみたら、シリコンバレー時間だという記事を見つけた。西部時間だということなので、世界時計にもセットしようとした。都市名はシリコンバレー。

…見つからない。

ないはずだよ。存在しないんだから。恥ずかしい。

スポンサードリンク

具体的には北はサンマテオ周辺からサンノゼまでの複数の市を指す。シリコンバレーの中心は、マウンテンビュー、サニーベール、サンタクララの3つの市であるが実際にシリコンバレーという都市は存在しない。(Wikipediaより)

同ページよりシリコンバレーはカリフォルニア州に位置していることがわかった。

前回、最強のデバイスである紙(世界地図の白地図)に日付変更線を書き込み、いくつかの都市と標準時を書き込んでいたものの、カリフォルニア州はどこ?という感じ。日本の地理でさえわからないのだから、世界の地理がわかるはずもない。単に地理を教えてくれるよりも、こういう現実的な話を交えて学校では教えてくれないものかねぇと責任逃れをしてみる。

(地図はWikipedia/Wikipediaより)

ここにあるんだ。西も東も分からない。

  • 東部標準時=GMT-5(EST)
  • 西部標準時=GMT-8
  • 太平洋標準時=GMT-8(PST)
  • カリフォルニア州=GMT-8
  • 中部標準時=GMT-5(CST)
  • 大西洋標準時=GMT-4
  • 東海岸標準時=GMT-4
  • NYSE=GMT-4
  • NYSE=JST-14/-13
  • 日本標準時=GMT+9(JST)

上記からすると、翌日の17時(JST)にAdsenseレポートを確認すると前日の~というのが納得できる。

  • 4/09, 23:50, California
  • 4/10, 15:50, TokyoSE
  • 4/10, 08:50, LondonSE
  • 4/10, 02:50, New YorkSE
  • 4/10, 06:50, UTC

上記は執筆時の時間。こんなに差があるんだね。映画の中で電話をかけると早朝と深夜とか時差があるのがよくわかる。日本には夏時間もないし肌で感じるのは難しい。

これだけあると、ニューイヤーセレモニーはどうなってるんだろう?ロシアは10個くらい標準時があったような気がする。

◆参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です