Audacity mp3形式で保存できるようにする

Audacity にはmp3等の形式で保存できる機能があるがプラグイン(dllファイル)が必要になることがある。ここではmp3形式で保存ができるようにlame_enc.dllをダウンロードし、プラグインフォルダにインストールする。なお、読み込みには必要なく、標準の状態で読み込みが可能。

スポンサードリンク

ダウンロード

インストール

Lame MP3 Encoder Binaries からlame.dll を取得し、Audacityのプラグインフォルダに入れる。Audacity用のものがあったが、ここではzip版を取得した。また、インストール方法については pc.casey.jp » Audacity KeroVee を使う でも触れているので参考にしてほしい。

動作確認

通常通り編集が完了したら、ファイル>Export を選択する。

名前を付けて保存する際、ファイルの種類にMP3を選択し、ファイル名を入力する。

タグ情報を入力する。必要なければそのままOKをクリックする。

正しくインストールされていない場合には上記表示になる。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です