マイコンピュータを開くとFDDアクセス&AutoRunが動作しない

マイコンピュータを開くとフロッピーディスクドライブへのアクセスが発生する。

一般的に言われるフロッピーディスク内のファイルを開いた履歴が残っているアプリケーションソフトウェアがあるなど、それとはどうも様子が違うようだ。

調べてみるとレジストリ値 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer 内の NoDriveTypeAutoRun が挙動を司っているといい、NoDriveTypeAutoRun のバイナリ値を0x00000095(10進数で149)にすると良いと記載されていた。

スポンサードリンク

NoDriveTypeAutoRun は何かを調べてみると、筆者のように「マイコンピュータを開いたときにFDDへのアクセスが発生するようになってしまった」というものや、「CDを挿入しても自動起動が動作しない」というものなどがあった。つまり、メディアが挿入されたときにエクスプローラがどのように動作するかを定義しているらしい。

参考文献によると、WindowsXPでは10進数で149がデフォルト、Vistaは145がデフォルトなどと書かれていた。試しに145になっていたものを149にしてみたがさほど変化はなく、マイコンピュータを開くと2秒程度(FDDへのアクセスがあるため)遅延が発生する。

極端にはこれを停止させてしまう方法も紹介されていたが、筆者はiPhoneなどのイメージングデバイスも利用するから「おすすめできない」ケースに当たるようで実施しなかった。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です