[VMware][Xen] Dom0が起動しないXen img を vmdk に変換(3)

昨日の続き。

3日目

面倒になって、ダメだと分かっていながらもVMwareServer2 に変換したvmdk を使ったインベントリを作成して起動する。

全く動作しないかと思ったら、意外にも動作した。もちろんすぐエラーで止まったが。

スポンサードリンク

VMwareServer2 の吐き出したエラー

例1

msg.disk.scsi.invalidDisk:The disk connected to the scsi0:0 node has been created as an IDE disk with IDE geometry. It is likely that there will be problems using, and especially booting, this disk as a SCSI disk.
 Select OK to continue, Cancel to abort.

例2

リモート仮想マシン*****:8333\[standard] centos_1/centos.vmx を開くときにエラーが発生しました:
 Device ide0:0 is configured as the virtual disk file "/var/lib/vmware/Virtual Machines/centos/SVVCO501.vmdk". This virtual disk was created as a SCSI disk with SCSI geometries.  It cannot be used as an IDE disk。

CentOS Rescue モード

こんな時はCentOS のRescue モードだ。サクっとダウンロードしてVMwareServer2 の仮想光学ドライブに入れる。

$ wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.6/isos/i386/CentOS-5.6-i386-bin-1of7.iso
$ mv CentOS-5.6-i386-bin-1of7.iso /var/lib/vmware/Virtual\ Machines/ISO/


起動させると、参考文献のように chroot してね、とでない。いろいろコマンドで探すもどうやらハードディスク自体を認識していない。

レアな案件だが、新たな参考文献によって、そういえばSCSI コントローラーの種類が云々という話を思い出した。

早速変更してRescue モードで起動する。と、ようやくハードディスクを認識した。

早速chroot して以前の作業を行った。

直った(というより、Xen を抜いた)。

再起動するとXen から起動しようとしてしまうから menu.lst のdefault を書き換える必要はあったが、問題なかった。また、yum update ではkernel-xen 関係を入れようとしていたから、その辺は消しておいた。


yum remove kernel-xen*


これで何とか行けそうだ。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です