FTPソフトウェア「FileZilla」をUSBで使う

以前、FTPソフトウェア「FileZilla」を取り上げた。Portable版が用意されていてそれを使っていたけれど、それは別版であるとともに、設定をXMLファイルでエクスポートし、それを持ち運ぶ日々が続いてた。

pc.casey.jp » FTPソフトウェア「FileZilla」 :
//pc.casey.jp/archives/2159

何となく調べていると、さらに使いやすい方法が紹介されていたのでメモしておく。

スポンサードリンク

参考文献に記されている内容は次の通りだ。

準備

※筆者の場合はPortable版を使っているので、参考文献に従ってzip版を入手、解凍しておく。

STEP1

filezilla.exe と同じフォルダに fzdefaults.xml を作成する。そのファイルに次の内容を記載する:

<FileZilla3>
    <Settings>
        <Setting name="Config Location">settings/</Setting>
    </Settings>
</FileZilla3>

filezillaを起動すると、上記ファイルによってsettingsフォルダが作成される。

STEP2

以前の設定情報を移行する。

%APPDATA%/FileZillaにあるファイルをsettingsフォルダに上書きすればよいとのことだ。%APPDATA%はそのまま開くこともできるし、一般的には次の場所になる。

C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\FileZilla

再度filezillaを起動すると今までの状態が移行された。

※情報が指定したフォルダやUSBメモリに保存されるから、取り扱いには注意が必要なことにはかわりない

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です