iPhone/iPadに専用のCSSを読み込ませる方法

iPhoneを利用している。通常のブラウザと同様のブラウジングが出来るため、利用者としても開発者としても携帯を見捨ててしまいそうだ。実際ほとんど利用がなくなったのだが。

Flashが表示できないとかInternet Explorerでなければ動作しないとか、処理分岐しているスクリプトでsafariが含まれていないとかそういうサイトを除けば通常のブラウジングが出来る。したがって、自分が普段利用するとか作成に関与するようなサイトはほぼ全て閲覧することができるので非常に重宝している。

ところで、こういったデバイスが増える度にそれ様のサイトや処理分岐を記述する必要がある。携帯電話への対応が騒がれた時代で、かつ、そのキャリアや対応出来るタグや拡張子、サイズ、カラー/モノクロ、キャッシュサイズ、文字コードが著しく異なっていた時期は本当に大変だった。(それらを処理してくれるスクリプトやライブラリもあるが、それでも端末毎にそれなりに対応させるのは日本語を扱うのと同程度に面倒であり、いつも悩ませてくれる)

スポンサードリンク

iPhone/iPadでは以下のように読み込ませることができるという情報を見つけたのでメモしておく。これは通常のブラウザで無視されるメディアタイプを指定することで対象の端末が意図するCSSを読み込むのだと言う。詳しく調べていないし、まだ実装経験もないので参考文献等を参考にして欲しい。

<link rel=”stylesheet” media=”only screen and (max-device-width: 1024px)” href=”../ipad.css” />

◆参考文献

関連記事

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です