Cygwin/Xをインストールする(WindowsVista SP1編)

Linux上で動作するプログラムをWindowsで動作させることを目標としたCygwinのXサーバ版というべきものがCygwin/Xである。CUIで動作するLinuxサーバーにXクライアントを入れ、GUIで動作するWindowsVistaにXサーバを入れる。これによってWindowsVistaをLinuxの入出力装置にしてしまい、処理はLinux上で行わせることができる。難しい説明だがVNCのいずれかを使用したことがあれば幾分イメージがつかみやすいだろう。

ここではそのインストール方法を説明する。

スポンサードリンク

インストール

次の手順でインストールを行う。

Cygwin/X : http://x.cygwin.com/



▲Install Cygwin/X nowをクリックする



▲実行をクリック



▲実行するをクリック



▲次へをクリック



▲次へをクリック



▲次へをクリック



▲次へをクリック



▲どれでもよいから選んで次へをクリック



▲X11の「Default」をクリックして「Install」に変更する



▲次へをクリック



▲ティータイム→完了をクリック



▲このプログラムは正しくインストールされましたをクリック

最初に行うこと(WindowsVista)

  1. C:\cygwin\bin\ash.exe
  2. /bin/rebaseall
  3. exit

初回起動

通信をブロックするか聞かれたら「ブロックする」

テストと実行

→ 続きは別の記事に書いています

ダウンロード

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です