Microsoft WebMatrix インストール

Microsoft WebMatrix はWindows 上で手軽にLAMP 環境などで動作するソフトウェア(CMS やCRM など)を試すことができるMicrosoft 製フリーソフトウェア。実際に公開することも出来るらしく、また、さらに深い使い方ができるようだから、詳細は参考文献等を参考にしてほしい。

例えば、乱発するWordPress サイトや、記事の整理でサーバに負担をかける作業などはレンタルサーバーなどでは辛いところ。VPS やVMware Server2 やVMware Player などに環境を構築出来れば問題ないが、わざわざ作業するのも面倒だ。そんな時に、WebMatrix を使うと手軽に作業できそうだ。

ダウンロード

スポンサードリンク

インストール

インストールをクリックする。

同意できたら同意するをクリックする。

インストールされるまで待つ。時間がかかる。

完了をクリックする。

使い方

Webギャラリーからサイトを作成するを選択する。

その裏側にはこの画面が表示されていたが、再度表示することはできなかった。なぜだろう。

試しにWordPress 日本語版を選択してみる。次へをクリックする。

次へをクリックする。

パスワードを設定して、次へをクリックする。

ライセンスに同意できたら、同意するをクリックする。

必要な情報を入力して、次へをクリックする。

使えない

ソースが無効です。
データベース ” に接続できません。
データベース ” に接続できません。
Unable to connect to any of the specified MySQL hosts.
対象のコンピューターによって拒否されたため、接続できませんでした。 127.0.0.1:3306

とにかく動作しなかった。基本的な事項であるファイアウォールやセキュリティーソフト、MySQL サービス(存在しなかった)の状態など、いろいろやってみたがダメだった。

このソフトウェアは魅力的でぜひ使ってみたかったのだが、これ以上WebMatrix について勉強するならLinux サーバーをVMware あたりに組んだほうが早いと感じたので投げた。また、不要(ではないけれど)なソフトウェアを盛りだくさんインストールしてくれたから、珍しくシステムの修復を使って無かった事にした。。。

感覚的にはMySQL サーバーに接続出来ていないようで、その辺が解決できたら使えそうなのだが…。

※テスト環境:Windows7 SP1 64bit

類似製品

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です